化学

(1) 物質の状態と平衡

ア 物質の状態とその変化

(ア)状態変化
(イ)気体の性質
(ウ)固体の構造

イ 溶液と平衡

(ア)溶液平衡 ・金属塩水和物の結晶水の決定・合成実験 (荻野2001b
(イ)溶液とその性質 ・コロイドの性質 (森本2010

ウ 物質の状態と平衡に関する探究活動

・コロイド学習におけるセルプレートの活用例 (藤川2001
・家庭用電子レンジを用いた無機固体水和物の脱水反応の再検討 ‐硫酸銅(◆妨淇縅楕と硝酸コバルト(◆墨賛縅楕を例として‐ (山田2006
・液体の混合に関するマイクロスケール実験 (中川2007
・沸騰石を使わない沸点上昇の測定実験(石津2001)

(2) 物質の変化と平衡

ア 化学反応とエネルギー

(ア)化学反応と熱・光 ・吸熱反応の演示実験 (中込2008
(イ)電気分解 ・水の電気分解でできる気体の体積比を示すマイクロスケール実験 (荻野13
・ヨウ化カリウム水溶液の電気分解 (芝原2011-28
・高校化学におけるスモールスケール実験―簡単にできる電気分解の実験 (荻野1998
・身近なものでできる酸・アルカリと電気分解 (谷川2003
・身近なものを使った水の電気分解(宮本2006, 池本2007 p. 126, 日化協2013 p. 14, 山口2011d p.101)
・簡単にできる水の電気分解(宮本2008, 山口2011b p.67, 池本2007 p. 130
(ウ)電池 ・マイクロスケール実験の広場(11)―電池に関するいくつかのスモールスケール実験 (東海林2001b
・ダニエル電池 (芝原2011-29
・マンガン電池 (芝原2011-30
・鉛蓄電池 (芝原2011-31

イ 化学反応と化学平衡

(ア)反応速度 ・反応速度(チオ硫酸ナトリウムと希塩酸の反応) (芝原2011-32
(イ)化学平衡とその移動 ・ルシャトリエの法則を視覚的にとらえるいくつかのスモールスケール実験 (東海林2001a
(ウ)電離平衡

ウ 物質の変化と平衡に関する探究活動

・スピロピランのホトクロミズムを用いた反応速度の実験教材 (荻野1994
・電解による水溶液の識別 (阿内1999
・マイクロスケール実験の探究活動への応用 (荻野2007b
・安価な低電流回路を用いたファラデー定数の測定 (三池田2006
・自作電池のマイクロスケール化アルミホイルとシャープペンシルの黒鉛芯を使った安価な空気電池など(是近2002

(3) 無機物質の性質と利用

ア 無機物質

(ア)典型元素 ・高校化学生徒実験を環境にやさしくする試み―Sec.3「17族元素の単体の製法」 (村田2004)
(イ)遷移元素 ・金属イオンの反応に関するいくつかのスモールスケール実験 (金(和)2001
・カードケースを利用した点滴反応―6.2 イオン間の反応(イオンの組み合わせと水溶液) (大槻2001
・カードケースを利用した点滴反応―6.4 両性イオンと錯イオン (大槻2001
・陽イオンの定性分析におけるマイクロスケールの予備実験 (荻野2001a
・高等学校化学における金属陽イオン分析と未知試料分析のマイクロスケール実験教材 (川本2006
・金属陽イオンの定性分析 (芝原2011-26
・金属陽イオンの未知試料分析 (芝原2011-27
・硫化水素発生装置を必要としない金属陽イオンの分離実験 (猪股2003
・グリーンケミストリーの目で高校化学の実験を見直す―Sec.4金属イオンの反応の実験に対する改善案 (深野2004
・より簡易で安全な実験を目指して(硫化水素H_Sの発生を伴わない金属イオンの分離と確認) (山本(孝)2008
・硫化水素を用いた金属イオンの分離確認反応実験をドラフトなしで安全に行うには(片江2008

イ 無機物質と人間生活

(ア) 無機物質と人間生活

ウ 無機物質の性質と利用に関する探究活動

・イオン交換のマイクロスケール実験◆歸轍鮗舛肇ぅンの概念を理解するための実験 (荻野2002c
・イオン交換のマイクロスケール実験−錯イオンの挙動を目で見る (荻野2002d
・マイクロスケール滴定用ビュレットの改良―「キレート滴定による水の硬度を求める実験」 (荻野2005
・金属単体を用いずにスライドガラス上で黄銅をつくる(加藤(直)2004
・アトムのランプ―身近なものを使った炎色反応―(高橋(美)2003

(4) 有機化合物の性質と利用

ア 有機化合物

(ア)炭化水素 ・高校化学生徒実験を環境にやさしくする試み―Sec.4「炭化水素の不飽和結合の検出」 (村田2004
(イ)官能基をもつ化合物 ・高校化学生徒実験を環境にやさしくする試み―Sec.5「アルコールの酸化」 (村田2004
・スモールスケールの有機合成:酢酸エチルの合成と精製 (長谷川1994
(ウ)芳香族化合物 ・有機化合物の分離のスモールスケール実験 (東海林2002c
・高校化学生徒実験を環境にやさしくする試み―Sec.6「芳香族炭化水素の反応」 (村田2004
・ベンゼンのマイクロスケールニトロ化 (井上2005
・ベンゼンのマイクロスケールスルホン化―【生徒実験】 (井上2006b
・クメン法のスモールスケール実験教材(広瀬2012
・大学前期課程における化学実験のマイクロスケール化:アセトアニリドからp-ニトロアニリンの合成 (岩岡2002

イ 有機化合物と人間生活

(ア)有機化合物と人間生活

ウ 有機化合物の性質と利用に関する探究活動

・超音波を利用したニトロベンゼンの還元―アニリン合成のマイクロスケール実験― (井上2002
・PLCの作成とPLCによる合成ニトロベンゼンの精製 (長谷川1993a
・スモールスケールの有機合成実験:酢酸ブチルの合成とプラモデル用のセメダインの作製 (長谷川1997
・ビタミンCと鉄塩−界面活性剤触媒によるニトロベンゼンの還元 (對馬2009
・PVCシートを用いたベンゼンスルホン酸の検出と簡易定量(井上2006a

(5) 高分子化合物の性質と利用

ア 高分子化合物

(ア)合成高分子化合物
(イ)天然高分子化合物 ・アミノ酸の緩衝作用についてのスモールスケール実験 (東海林2002a
・身近な物質のニンヒドリン反応についてのマイクロスケール実験 (東海林2002b

イ 高分子化合物と人間生活

(ア)高分子化合物と人間生活

ウ 高分子化合物の性質と利用に関する探究活動

・イオン交換のマイクロスケール実験◆歸轍鮗舛肇ぅンの概念を理解するための実験 (荻野2002c
・イオン交換のマイクロスケール実験ぁ櫂ぅンの価数を目で見る (荻野2003
・キウイに含まれるタンパク質分解酵素の実験教材(椎葉2011

もどる  「化学基礎」へ