化学基礎

(1) 化学と人間生活

中見出し・小見出し

実験名(文献)

ア 物質の状態とその変化

(ア)人間生活の中の化学 机上でできるテルミット反応 (小松2009
(イ)化学とその役割

イ 物質の探究

(ア)単体・化合物・混合物 ・蒸留による混合物の分離 (芝原2011-21
・昇華の観察と混合物の分離 (芝原2011-22
・ペーパークロマトグラフィーによる混合物の分離 (芝原2011-23
・毛管を利用した簡便な液体分離法―分液漏斗を用いない少量の液体の分離― (長谷川1993b
(イ)熱運動と物質の三態

ウ 化学と人間生活に関する探究活動

・CODの簡易測定法の開発 (上田1998
・より簡易な大気中の二酸化窒素濃度測定法の検討 (松川2005a
・ピペットを用いたCOD測定の簡略化 (松川2005b
・粉末試薬によるCOD簡易測定法の新局面 (黒河2004
・教材としての簡易クロマトグラフィーの検討と応用 (谷口2006
・終点検出に交流電流を用いた集化物イオンの沈殿滴定 (仁宮2006
・高等学校化学におけるフラッシュクロマトグラフィーの教材化と授業実践 (草場2006)

(2) 物質の構成

中見出し・小見出し

実験名(文献)

ア 物質の構成粒子

(ア)原子の構造
(イ)電子配置と周期表

イ 物質と化学結合

(ア)イオンとイオン結合
(イ)金属と金属結合
(ウ)分子と共有結合

ウ 物質の構成に関する探究活動

・イオン交換のマイクロスケール実験◆歸轍鮗舛肇ぅンの概念を理解するための実験 (荻野2002c
・高校化学生徒実験を環境にやさしくする試み―Sec.2「硫黄の同素体」 (村田2004
・イオンで流れるプール〜イオンの存在を可視化する〜 (前田2008
・デュマ法によるモル質量測定実験の迅速化 (中川2009
・デュマ法によるモル質量測定実験における浮力の影響 (中川2010

(3) 物質の変化

ア 物質量と化学反応式

(ア)物質量
(イ)化学反応式

イ 化学反応

(ア)酸・塩基と中和 ・酸塩基に関するいくつかのスモールスケール実験―1.指示薬の変色 (荻野2001c
・カードケースを利用した点滴反応―6.1―水溶液の液性と指示薬 (大槻2001
・酸・塩基と中和反応‐ (萩原2005
・指示薬とpH(緩衝液と紫キャベツの色素による指標作成) (芝原2011-24
・マイクロビュレットを用いた中和滴定と滴定曲線の作成 (芝原2011-25
・ストローの中の中和反応で中和や指示薬の原理を知ろう (高橋(一)2003
・食酢の中和滴定 (小松2008
(イ)酸化と還元 ・カードケースを利用した点滴反応―6.3 酸化剤と還元剤 (大槻2001
・酸化還元に関するいくつかのスモールスケール実験 (東海林2001c
・水の電気分解でできる気体の体積比を示すマイクロスケール実験 (荻野2007a
・金属ナトリウムと塩素の化合 (小松2015
・酸化銅のメタノールによる還元 ‐教材化の検討‐ (大石2007
・酸化銅(II)の水素による還元 (小松2015
・電子レンジを利用した金属鉱石の還元 (加藤(識)2002

ウ 物質の変化に関する探究活動

・アメリカナショナルマイクロスケールケミストリーセンターの一般化学ワークショップ―2.1 自作の器具を使った実験例:「密度の測定」 (荻野2001b
・アルキメデスの原理を用いたスモールスケールで行う固体の密度測定 (長谷川1995
・身近なものでできる酸・アルカリと電気分解 (谷川2005

もどる  「化学」へ